理想の鍼灸師

理想の状態は個々の先生で違います。

しかし、患者様にしっかりと向き合っていきたいというのは、
誰しもが持っている感情だと思います。

「誰かのために・・・。」という、優しい想いを持っているのが「鍼灸師」だと思っています。

そのなかで、個人で開業され、ご自身で患者様と向き合う先生もいれば、
スタッフを雇用したり、院を増やしていくことで多くの患者様に鍼灸治療を届けたい、
と考えている先生もいます。

また業界団体の活動を行なったり、鍼灸啓蒙の活動を行ったり。
業界外での取り組みや、趣味やご家庭を第一にされている先生もいらっしゃいます。
この様に各先生がご自身の理想の状態を求め、日々ご活動されているかと思います。

違う分野で活躍する先生同士が手をとったり、持っている知識やスキル、
経験やアイディアを共有したりすることで、大きな広がりがうまれ、
強固な繋がりができれば、素晴らしい想いで活動されている鍼灸師さんの理想の状態が、
スピード感をもって形になっていきます。

それが業界の活性化や、発展に繋がっていくと考えています。

しかし「個」が安定しなければ、周囲に目を向けることはできないでしょう。

安定して、広い視野を持った鍼灸師同士が、お互いを理解し、共に歩み始めたら、
こんなに頼もしいことはありません。

日々変わる社会情勢の中で、理想の状態も変化して当然だと思います。
これらに柔軟に対応して、その時々で舵を切っていくことも重要ですし、
そのときに仲間の存在は大きな財産になります。

鍼灸師個々が理想の状態をスピード感を持って形にしていくことが、
これから求められるのではないでしょうか?

鍼灸院が増えている?やっぱり鍼灸師は素晴らしい仕事!!(だけど本音を言うと、開業されると困ります。)