てい鍼施術の「心地よさ」と「気持ち良さ」

岡野浩人です。

訪問現場で「てい鍼」を使うことの多い私。刺鍼をしないというわけでない。てい鍼を使った後に刺鍼をすることもあるし、置鍼をしながら違う箇所にてい鍼を使った施術を行うこともある。治療院内でも、てい鍼を使った事例を紹介したり、勉強会で実際に体感してもらったり、現場の鍼灸師の先生方に、てい鍼の使い方をなるべくお伝えする機会を増やしたいと思っている。

特に訪問現場での患者様は、高齢者様が多く、かつ、往療を必要としている方が対象となるために、体力の低下している方がほとんどである。こうした患者様に対しての刺鍼は、刺激が強く、治療後に痛みが出たり、疲れてしまったりする。特に初診時には、恐怖感を与えてしまうこともある。こうした現場の悩みを解決できる手段として、接触鍼を導入してきたのが、私がてい鍼を使うようになったきっかけでもある。

「とにかく心地よく、気持ちよくなってもらいたい」

導入期においては、この気持ちが強い。訪問治療の現場では、患者様の症状は慢性化しており、かつ自己管理が難しいために継続的な治療が必要になることがほとんどである。継続的に治療を行うためには、導入期の「心地よさ」「気持ち良さ」はとても重要だと思っている。一回の治療で結果を出したい、という想いから、初回治療から〝勝負〟していたこともあった。しかし、一回の変化が、ストレスを与えるケースや、お身体に負担をかけるケースがあり、結果的に、中長期で見たときには、患者様も自分自身も疲弊している、というケースもあった。こうなると患者様も疲れるし、治療に疑心が出てくる。「やった後はいいんだけどね・・・」この言葉がでたら危険信号だと思っている。

治療を中止することのリスクを感じる訪問治療

「継続しなくていいじゃん。一回の治療で毎回結果が出てるならいいんじゃない?」そうなのだ。そう考えていた時期もあった。ただ・・・患者様は高齢者、かつ介護を必要とされている方ばかり。つまり自己管理やセルフケアを行うこともなかなかできない。施術者側が介入をやめてしまうと、途端に症状が悪化することや、結果として体力が落ちて、機能低下を招いたことを経験してきた。治療を継続することの重要性を感じた瞬間でもある。

導入期の心地よさと気持ち良さが、治療継続の鍵

これは、患者様が治療を継続するためにとても重要であるとおもっている。と同時に、鍼灸師側が継続的に治療を提供して行くために重要なことだと考えている。鍼灸を療は本来、患者様と共に問題解決に向けて歩んで行く治療方法だとおもっている。だからこそ、前回の治療のレスポンスをもらうことや、感想をお伺いすることはとても大事で、これはよかった、これはあまり…、ということを繰り替えして、患者様も、鍼灸師も、お互いが腑に落ちる治療を行っていくことが、とっても重要だと感じている。この雰囲気をつくる為にも、導入期の「心地よさ」や「気持ち良さ」が必要になってくる。

てい鍼を使った心地よさと気持ち良さを鍼灸師が知らない

私が多くの鍼灸師さんに接していて感じることは、「鍼灸師は接触鍼の心地良さや気持ち良さを知らない」ということ。治療の導入期に、患者様が治療を受け入れてくれることや、治療を理解してくださることや、同意してくださること、そして患者様と信頼関係を築くことが重要であることは、おそらくみなさん重々に理解している。ただ、ここに「心地よさと気持ち良さを提供するとでこれらがぐっとやりやすいものになる」ということは知らない。リラックすることで、人間の身体というのは変化がでるものである。しかもこれを「鍼」でできるということを、鍼灸師が知らないのである。

鍼灸師が気持ちよくなってみることなのかな?

鍼灸師自身が、こうした「心地よさ」や「気持ち良さ」を感じる機会を作ることが、もしかしたらもっともっと重要なんじゃないかな、って思うようになった。接触鍼を使う時の心地よさは、接触鍼によるものだけではなくて、そこに関連した手の使う方であったり、取穴であったり、流し方であったり、散らし方も含まれる。

この接触鍼、その中でも、てい鍼施術の心地よさと気持ち良さを、特に在宅訪問現場で鍼灸治療を行なっている先生たちには、もっともっと体験して体感してほしいし、接触鍼を効果的に使って欲しいと思っている。この辺りもちょっとブログで書いていけたらいいなと思っている。

てい鍼ワークショップに参加します。
私自身も、もう少してい鍼と向き合ってみたいので、和歌山の蓬庵様の主催するてい鍼作りのワークショップに参加してみることにしました。関連のクラウドファンディングPolcaも立ち上げ、多くの方に今回のワークショプ参加をご支援いただいております。またワークショップ後のてい鍼体験会の開催などひ広がりを見せています。活動にご支援いただけますと幸いです。ご支援はこちらから よろしくお願いいたします。