想定外の網にフックがかかることが増えたら、もっと生きやすくなるんじゃないかな

オカノヒロトです。

こういう企画を立ち上げました。

【こもの鍼灸院 覚王山オープン応援企画】

名古屋覚王山エリア→→→電気を流す美容鍼【初回5670円の施術を50名様】にプレゼントします。

初回の5670円の施術を、オカノヒロトがお支払いさせて頂きます。

【応募方法】

こもの鍼灸院覚王山 のインスタグラムをフォローして

一番最初の投稿【名古屋・覚王山エリアにGRAND OPEN!!!!の投稿】

『ぱるる応援してます!』とコメントして下さい!

コメントが50名を超えた場合、抽選とさせて頂きたいとおもいます🙇‍♀️

 

総額30万円のキャンペーンです。

立ち上げた時からドキドキなんですが、コメントが増えたびにドキドキします。

コメントの件数 × 5,670円ですからね。

ドキドキするんです。(しています。)

ということをツイッターにつぶやきました。

 

そしたらどうなったか。

自分が応援している鍼灸院、そして鍼灸師を応援するために立ち上げた企画の趣旨が変わってなぜか広がっていく流れ。でもこういうの悪くない。というか本人が予測していないことだし、想定外のところでフックがかかったというか。これってチャンスが広がった!ってことだとおもう。

っておもうんだよね。

クラウドファンディングを立ち上げたことがある人ならわかると思うけど、どんなところに共感してもらえるのか、理解してももらえるのか・・・特に初めてだとドキドキしかない。でもこうしてSNSで拡散されていく中で、その意味が変わって、そこの価値を感じてくれる人に出会うチャンスが広がるってすごく嬉しいし、本人も気づかない価値ができていく。

こうなると、当然だけど、本来の目的以上のことが達成できる可能性が出ていくる。金額の目標達成もそうだけど、何かをしたい!の先の巻き込みや広がりが大きくなっていく。

だから

っておもっちゃたりしたんだよね。

今の会社に入社した時から『治療家が活躍できる環境をつくる!』というテーマを掲げてるけど、環境って治療院やオペレーションだけでなくて、こういう活動のしやすいプラットホームもそうだよな。と思ってみたり。

これからは治療家も、学生さんも、個人の活動が重要になってくると思っている。それは、治療院に所属している(勤務している) / 独立している / まだ学生、とかは関係ない。インターネットが普及して、インフラとして当たり前になった現代で、個人の情報はどんどん出していくことができる。そうすることで、もっと自由に、立場に関係なく、そして肩書きやリソースがなくても理想を形にできる可能性がある。その理想が形になれば、当然恩恵を受ける人も増えるわけで。

やってみると、自分の知らない世界が見えてきてワクワクする感じ。

この感じが広がれば、もっと生きやすい社会になるんじゃないかな。まずは自分の周りから。自分のいる業界から。それでもきっと広がっていく。業界の外にも。

そうなったら、自分が自分でいられる人がもっと増えるんじゃないかな。