患者様としっかり向き合いたいから『訪問』を選ぶ

岡野浩人です。

はり師・きゅう師さん、あんまマッサージ指圧師さんに、訪問鍼灸、訪問マッサージという業態を認知していただけるようになり、多くの資格者さんからご連絡、また求人への応募をいただくております。新卒組、転職組..など応募される先生方のキャリアはまちまちです。施術者さんたちは、どんな理由で『訪問』を選ぶのでしょうか。私自身の実体験や、出会った先生方とのお話を元に、『訪問』を選んだ理由をお伝えしていきます。今回のキーワードは『患者様との向き合い方』です。

就活時は『時間』というキーワードで考えてみるのも良いと思います。

患者様としっかり向き合える

『訪問』対象患者様は、体力がなく、症状が慢性化していて、そして自己管理がなかなかできません。一回の治療で、症状を劇的に改善できるケースは少なく、効果のある治療でも、慢性化している患部は時間の経過と共に症状が現れてきます。一般の方であれば、ご自身でもセルフケアや、姿勢完全などの対策も取れますが、訪問対象患者様は、介護を必要とされている方ばかりで、自己管理が難しい状況で日々をお過ごしになっています。この中で、現場の施術者さんは、患者様に向き合い、寄り添いながら、じっくりと治療を行なっていくことになります。調子が良くなってきても、治療をやめてしまうと、急激に症状が悪化することも。こうしたことから、治療が長期間に及ぶことも多くあります。

こうした環境であることから『担当した患者様としっかりと向き合って治療をしていきたい』という理由で『訪問』に応募される施術者さんが多くいらっしゃいます。一回で治すことを目指すのではなく、患者様のご要望にお応えするために、中長期的な目線をもって、継続的な治療で症状の改善を図り、患者様のADLの向上…さらにはQOLの向上を図ることを目指している先生は、こうした視点で『訪問』を選ばれます。目の前の症状だけでなく、患者様おひとりおひとりに目を向けている施術者さんが多い印象です。

てい鍼施術の「心地よさ」と「気持ち良さ」

私は、治療した後の様子がとっても気になります。ですので、治療したら終了…ではなく、継続的に状態を確認しながら進める治療は、非常にやりがいを感じます。それが自分自身のスキルアップにも繋がっています。毎回の治療で効果を感じていただけることで、患者様に喜んでいただけますし、私自身も喜びを感じます。

高齢患者様は様々なご不安を抱えながら、日々を過ごされています。お身体の痛みが軽減することや、動きが改善することで、少しでもこのご不安を解消できればと思います。また、患者様の痛みの軽減や、動きの改善は、介護をされているご家族様や、介護職の方の負担軽減にもつながります。

患者様と向き合うことで、間接的に多くの方のお役に立てるのも、『訪問』のやりがいでもあります。患者様としっかりと向き合って治療をしたい!という方は、訪問治療院を検討してみるのも良いかもしれません。

訪問に興味があるよ!という方は是非一度ご相談ください。

訪問マッサージ、訪問鍼灸の

スタッフ募集はこちら