【訪問現場体験記】患者様、施術者の関係の前に、人としてどうなのか?【2代目その1】

どうも、Mr.ハリック(2代目)です。


不死鳥の様に生まれ変わり
独自の視点と初々しい
ピチピチのMr.ハリックを楽しんで頂けたらなって思います。



朝から曇り空、午後からガッツリ雨の日…

訪問治療に同行。

初対面という事もあってか、微妙な距離感w
厳しい方と聞いていてか、無駄に緊張しまくり!!





自分の家の最寄りに到着!

こんな遠い所も範囲なんだなとビックリ‼️





患者様のお家に着くと管理人さんに挨拶。
「弟子連れてきたの?笑」と雑談を交える。


管理人さんとも仲良くなってるんだなぁと地域の方との関わりを知る。




患者様のお家に入ったら準備に取り掛かるG先生。

その時履いている靴下の上から別の靴下を履き出した。




「自分だったら外歩いてきた靴下で布団に上がられたく無いから」

「濡れてきた洋服のままって気分どう?」




治療にばかり気を取られていた私には衝撃的な言葉。

普通に考えれば分かる事が手技にばかり目を奪われていたなと反省。



患者様、施術者の関係の前に、人としてどうなのか?

自分がされて嫌なことは相手にもしない。

なんて事は人として当たり前のこと。
今日が雨でよかった。



雨じゃなかったら考えもしない状況に出会えたから。


▼LINEはこちらから    
友だち追加 
 

「訪問」で治療院を開業したい先生へ

開業したけどうまくいかない先生へ