【治療だけでいいの?】鍼灸師としてではなく、個人の生き方に『鍼灸師』を当てはめてみると・・・

岡野浩人です。

最近、イベント協力や
イベントに参加
させていただき
多くの鍼灸師さんんとお会いしていると


『どこにでもいますよね?笑』

『なんでそんなに
イベントに参加できるんですか?』

 

そんなお声をお聞きします。

 

自分がイベントが好きだったり

鍼灸業界の動きに興味があったり

鍼灸師さんたちのやっていることに

興味津々だったり・・・

 

というところがベースにあるんですが

 

こうして様々な

イベントに参加したり

業界の活動をしたりできるのも

『訪問』という働き方
をしているから
に尽きると思います。

 

 

平日は18時に仕事が終わりますので

そのあとは予定を入れやすいです。

 

基本は土日がお休みなので

イベントや勉強会に参加
することができます。

 

また事前にスケジュールを

コントロールしやすいので

 

平日でも

お休みを取ることができます。

 

鍼灸師として

というより

 

一個人として

『訪問』という働き方に

フォーカスしてみると

 

これだけいろんなことができるんだな

と実感しています。

『訪問』というスタイルは
 

・独立開業を考えている先生

・就職を考えている先生

・いろんな活動をしてみたい!という先生

に特に
オススメの働き方です。

▼訪問鍼灸に興味がある先生はこちらもご覧ください。

訪問専門で鍼灸治療を行なっている鍼灸師って何やってるの?

 

 
 
    
友だち追加