自費?保険?あなたはどのスタイルで鍼灸治療をやっていく?

どうも、Mr.ハリックです。

『訪問鍼灸』という言葉が浸透し始めてきているのではないかと感じている今日この頃。『訪問』つまり患者様のご自宅で行う鍼灸治療というのは、昔も今も、そしてこれからも求められるスタイルだと思う。

『訪問での鍼灸治療』といっても、『自費』と『療養費』がある。訪問はりきゅう上達ラボの活動を始めてから、訪問鍼灸についての相談なども増えているが、この自費と療養費の質問は非常に多い。どちらも患者様のご自宅で鍼灸治療を行うわけだが、やはり違いもある。今日はその辺りを考えていきたいとおもう。

dc1eccabf6dcf8b6354a100bcacfae00_s

自費の訪問鍼灸
自費の訪問鍼灸は、以前より『出張』などという名で、広く行われてきた。この場合は値段設定は鍼灸師
さん次第で、患者様のご要望に合わせて治療を行い、施術料金を『自費』でもらう。時間もまちまちだが30分〜60分、また90分〜120分と長時間の治療を行う先生もいる。各先生のスタイルと、患者様のご要望に合わせて、満足度の高い治療が求められる。毎回の治療の満足度が、次のご利用に繋がってくる。料金の設定も先生方によって幅がある。対象年齢も幅広い方がご利用されている。店舗型の鍼灸院をされてる先生も、往診などを行なった経験もお有りかと思う。患者様に納得して頂き、自費でお支払い頂くので、費用、時間、内容などを明確にする必要がある。

f02e2afcde9b23fe7e74a9fe489b6404_s

療養費(健康保険)をつかった訪問鍼灸
では療養費を使った訪問鍼灸はどうか。まず決定的に違う点が、料金が決まっている点。同意書が必要である点。そしてが適応疾患がある点。この3点だろう。それに加え、請求の作業 を行う必要があることをお伝えしておこう。

療養費で鍼灸が適応となるものは、医師による適当な治療手段がなく、はりきゅうによって症状の緩和が期待できるもの、となっている。WHOでも多くの適応疾患が発表されており、業界内外でもたくさんの症例が発表されているが、療養費の適応は非常に限定的となっている。

そして、患者様の多くが高齢者や介護を受けている方だ。『訪問』で療養費を使う場合は、往療を行う特段の理由がなくてはいけない。安静が必要であったり、通院ができない理由があったりといったものである。「慢性病で」この状況の患者様、となると、必然的に高齢者や介護を受けている方となってくる。

体力の低下や、症状の慢性化、自己管理の難しさなど、患者様の状態を考慮すると、短時間の治療を繰り返し行い、中長期的に安定した効果を出していくことが求められる。そういったことから治療も中長期的になることがほとんどである。

fullsizeoutput_2ab9

自費?療養費?どちらを選ぶ?
自費の場合は単回や比較的に短いスパンで結果や効果、そして変化を求められるのに対して、療養費を使った鍼灸治療は中長期的なスパンで結果や効果、そして安定を求められる。自分が治療を行いたいと思う患者様は、どちらの結果や効果を求めているだろうか?ここを明確にすると、どちらの選択肢を選ぶかが見えてくるのではないだろうか。はりきゅうの療養費の取り扱いは、適応疾患が限られている点も考慮すると、更に良いのかもしれない。

IMG_1969

どっちもやったらいい
いろんな患者様をみたい!様々な施術をしたい!それなら、自費と療養費どちらも行うと良いのではないだろうか。ただ、対象となる患者様が違うので、患者様が治療院を知って、あなたを知って、患者様になっていくルートやその手法が異なる点は注意して、両方を行うのであれば計画的に行なって欲しい。

どちらかを専門家に任せるのも良いかもしれない。(訪問はりきゅう上達ラボでもサポートを行なっている。)中途半端になると、自分が苦しむだけでなく、患者様にもご迷惑をおかけしてしまうので注意したい!

では!

「訪問」で治療院を開業したい先生へ

開業したけどうまくいかない先生へ