【はりレポ】職人鍼 感覚頼り技光る【好き嫌い別れるが好き】  

どうも、Mr.ハリックです。
今回の【 はりレポ 】は
ファロスさん『職人鍼』をご紹介したい。

ファロスさんがリリースしている隠れた名ディスポ鍼である。SARASAメディカルニードルを推しの記事をよく見かけるが、個人的にはこの『職人鍼』が好きだ。どこが好きかというと『鍼って感じがする』というところだろうか。うまく言えないが『鍼』感があるのだ。たぶん私の中にある『鍼』のイメージと合致しているからかもしれない。この ザ☆鍼 とも言える(※個人の感想です)職人鍼をレポしたい。

▼玄人に好かれる鍼だ
fullsizeoutput_2bcd

▼5本パックがこちら。鍼柄の素材が違う。

fullsizeoutput_2bca

 

コストパフォーマンスが高い

鍼先や鍼体の感覚が手に伝わりやすい

鍼柄が扱いやすい(A300)

刺入や操作時に技術を要する

難易度の高い鍼

以前使ったときより、かなりの改善が見られる

(ディスポ鍼使い比べ総選挙参加者の声)

▼ファロスさんの鍼を試させていただいた。
IMG_3740

▼ファロス林部氏による熱の入った説明

IMG_3719

 

手先に感覚や、鍼灸師の技術を大事にされており、メーカーが『職人』の名前をつけているディスポ鍼。扱いが難しい、刺鍼時がスムーズでないなど否定的なお声と同じくらいに手先の感触を大事にする先生からの良い評判が聞こえてくるディスポ鍼である。
 

 

おそらくこれほどに相反する意見が極端に見られるディスポ鍼もあまりないのではないだろうか。また以前に比べ、メーカー様の改良によって品質が格段に良くなっているようだ。

 

(ディスポ鍼使い比べ総選挙まとめ資料より)

fullsizeoutput_2d16



▼フォロス推し

IMG_2157 

好き嫌いがはっきり分かれるディスポ鍼であるが
好きな方にはハマる鍼だろう。

是非一度使ってみてほしい!!