【訪問専門鍼灸師は】どうしたらいいの?これで大丈夫?単独行動が故に襲ってくる不安がある。そんなときは・・・【なにかと不安】

どうも、Mr.ハリックです。

訪問専門で行う鍼灸師が抱える不安・・・
 
そのなかで大きいものが
『孤独感』
だと思う。

開業初期や、営業や治療がうまくいっていないときは
誰にも相談できず、抱え込んでしまって
負のルーティンに陥っている先生も多いのではないだろうか?

『訪問鍼灸』は単独で患者様のお宅に伺う。

独立していようが
治療院に所属していようが
結構孤独な日々を過ごしているのだ。

患者様や関係者様とのコミュ二ケーションは多いが
自分と同じ立場の人間と話ができないというのは

・・・不安になる。

ではこの孤独感をどう払拭していけばいいのか。
答えは簡単。

同じ立場の人と話をすればいい。

最近、会議アプリの『ZOOM』というものを使って、夜な夜な鍼灸師同士でミーティングを行なっていたりして、毎週水曜日は『訪問鍼灸ZOOMミーティング』と名付けて、訪問鍼灸を行なっている先生や、訪問にご興味のある先生、また学生さんなども参加している。

IMG_4604

▼ZOOMを使ってコミュニケーション
IMG_4655

訪問専門で行なっている鍼灸師さんにお話を伺うと
その選択が間違っていないことや
継続することで効果が見込めることが多くある。

しかし・・・
単独での業務が故に不安を感じてしまうようだ。

訪問専門鍼灸師同士のコミュニケーションが増えれば
よりよいサービスを患者様にお届けできるようになり
関係各所に有効なご提案ができるようになり
スキルアップも図れ、不安なく業務ができるようになるのではないだろうか。

気軽に意見交換したり、相談できる場所を作ることも
不安解消や、安心して業務をポイントになる。

不安を感じる先生は
周囲の訪問専門の鍼灸師に
声をかけてみてはどうだろうか?

では!