訪問鍼灸が抱える問題点はズバリここ!!今すぐ確認せよ!

岡野浩人です。 

「訪問鍼灸」がもっと広まって多くの方に鍼灸治療を受けていただきたいな、と日々思っております。ただし・・・まだまだ訪問鍼灸は普及している、とは言えません。鍼灸の受療率自体が低いのであれなんですが、 これからは『訪問鍼灸』に興味を持つ患者様が増え、より多くの方に望まれる形になると信じております。

そのなかでも「訪問鍼灸」を行なっている先生方や、治療院を運営されている経営者の方とお話しする機会に様々な意見交換をするのですが、『訪問鍼灸』が抱える問題点がみえてきています。

ズバリいうと

『鍼灸』ではなく

鍼灸師に問題あり!!

ということです。

『ツボ』や『養生』そして『東洋医学』や『鍼灸』は、高齢者や介護が必要な方と非常に相性のよいものだと私個人は思っております。様々な問題を抱える患者様のお悩みを、ゆっくりじっくり診て、時には人生を振り返りながら現状の状態になったのかをよくよく考えながら、治療を進めていくその過程には、患者様も、鍼灸師も大きな学びがあります。

そして「東洋医学」というある種哲学的なものの中に、答えを求め、寄り添い合いながら目標に向けて取り組みことができるの『訪問鍼灸』は、とても素晴らしいサービスだと思いますし、『鍼灸』の知識と技術を存分に発揮できるフィールドだと思っています。

しかし・・・

鍼灸師は、というと。もちろん優秀で一生懸命な先生もたくさんいらっしゃいますが、肌感覚ですが訪問で活きる鍼灸師は「多い」とは言えないように思います。特に「患者様目線での対応」「思いやり」「コミュニケーション」といった点において不十分な先生が多くみられます。

鍼灸師は『技術』と『知識』をご熱心に求める姿があると思いますが、実は『技術』と『知識』は十分に備わっている先生は多いのです。でも現場で悩んだり、迷ったり、うまくいかない先生も多い。これは、技術や知識が未熟なのではなく、そのほかの事で本人が気づいていない何かが不足しているのではないでしょうか?

『訪問鍼灸』は難しい。そんな声は少なくありません。ただ・・・何故難しいと思うような状況になっているのかというと、注意すべき視点が違っているからかもしれません。

ちょっとしたポイントを押さえると、経験の浅い先生が、治療院でトップ成績になることもあります。その『ちょっとしたポイント』こそが、「患者様目線での対応」「思いやり」「コミュニケーション」に関連する部分です。この点を無意識にできる先生がいれば、特に患者様や関係者様から重宝されます。逆に、できなければ、経験や技術知識があっても、訪問鍼灸はうまくいきません。

訪問鍼灸がうまくいかない。

そんな時は治療以外の面を見直してみるのも良いかもしれませんね。

 

一人でモヤモヤしている鍼灸師って、多いんじゃないかな。

 

訪問鍼灸をやっていて

うまくいかずに悩んでいる。

不安な毎日を過ごしている。

という方は、是非私にご相談ください。

鍼灸院が増えている?やっぱり鍼灸師は素晴らしい仕事!!(だけど本音を言うと、開業されると困ります。)