【私から見た】0.1ミリで体の自由をコントロールする技術・・・やっぱすごい【鍼灸師】

こんにちは。受付嬢のちぃです(。・ω・)ノ゙

前々回、前回と『受付目線』『患者目線』で『鍼灸師』についてレポートして見ましたが、今回は、私の、しかもとても個人的な目線で『鍼灸師』についてレポートしたいと思います。

 
私自身は鍼灸治療を認識するより前に受付を始めたので
受付目線と患者目線、裏表でひとつみたいな感じです。

そして 私は

ものすごぉぉぉぉぉく鍼で結果が出やすい人間です。

 
 
打てば響く!!

素晴らしく分かりやすいタイプ。
 

私の愛用の鍼はセイリンディスポ鍼J15の03。
細さなんて0.1mmです。

 

刺激が好きな方にしたら鍼に入らないかもしれないですね(^_^;)
 
優しい鍼に分類されるうちの院長先生ですが

私には効果絶大なので

たった500メートル先の家に帰れなく事がよくありました。

プルプル生まれたての小鹿のように全然立てない。

たまーに秘孔で殺せる?!みたいな記事を見かけますが

秘孔で殺される事はなくともたった0.1ミリで体の自由をコントロールされると思うと

鍼灸師こえぇぇぇ((((;゚ㅁ゚)))))))

もとい・・・

レベル高すぎると思っています。

これだけだとキャパを見極められずに院長先生へたっぴっぽいので補足すると
生まれたての小鹿化する時は、ほぼほぼ先生がこれくらいでと言ったのに

「やっぱりこっちもちょっと気になる!」

と私が追加した時です(笑)


jpg-large

先生はちゃんとキャパもわかってるんですね。

やっぱすごいなぁ。

なんでこの高い技術が世の中に伝わらないんだぁぁ!

となってくるとだんだん受付目線になってきたので

今日はこの辺で。ちいでした(=゚ω゚)ノ 

▼こちらもぜひご覧下さい。