反復し、そして継続して、最終的な結果を得る為に大事なことは、振り返りと改善、そして調整する力だとおもう。

どうも、Mr.ハリックです。

先日、某治療院様に訪問させて頂き、院長先生とお話しをしている際に、『訪問はりきゅう上達ラボ』の話題を出したところ、スタッフ様から『私見たことあります!』(ありがとうございます)『友達がシェアしてたんで見ました』(お友達もありがとうごいます。)『スーファミのやつあげてましたよね!』 (はい!あげてます、ありがとうございます)『面白いんですよ!』(ありがとうごいざいます、ありがとうございます)

『ネタに走ってますよね!』

(ありが・・・え?)

 ということで、ネタに走っていると皆様には思われている、訪問はりきゅう上達ラボ オフィシャルブログですが

至って
真面目な想いで記事を書き

真面目な記事を提供して

真面目な鍼灸師の皆様に

真面目な情報を得て

真面目な業務を行なって頂きたい

常に思っている。

前回のスーパースト2は、多くの学びのある対戦となった。業界に長くいると忘れがちなことを思い出させてくれる、とても貴重な体験をすることができた。こういった日々の学びが、人間としても治療家としても成長するためには必要なことだと強く思う。これらの学びを日々活かして行きたいと願う。

 
今回は前回から続く3本勝負の2本目。治療家1年未満の山根先生と、治療家10年未満の訪問はりきゅう上達ラボ岡野がマリオカートで対決した。

※なんども言うが、2人ともリアルタイムでスーファミを経験しているオッサンである!!

※なんども言うが、真面目な記事である。

▼懐かしいメニュー画面に顔がほころぶオッサン2人

▼山根先生は『マリオ』、岡野はスト2の反省を活かし『ヨッシー』

▼キノコカップ初戦は山根先生の勝利・・・

▼ここから岡野の巻き返しが始まる。

▼久しぶりにやるとドツボにはまる、アレ。

▼ここで岡野が1位をゲット

▼ラストゲームもしっかり抑えた岡野。山根先生撃沈。

▼ 表彰式見るみない問題勃発(←当時は当たり前に起きていた)

 

キノコカップの初戦で手堅く勝利を収めた山根先生だったが、後半はミスが続き持ち直すことができなかった。対する岡野は、初戦の敗戦を振り返り、次のレースから調整した展開をみせ、そして後半はきっちりトップを抑えた

これも治療する上で大きな学びの要素が見えてくる。つまり最初で良い感触があったとしても、反復継続して結果を出していかなくてはならない鍼灸治療では、最終的な結果が残念なことになる。特に訪問はこの反復継続の期間がとても長い。ここは治療家10年以上の岡野が、長期戦で結果を出すことや、修正をかける上手さを見せたと言えるだろう。

訪問治療においては、反復して、そして継続して治療を行い、最終的に結果を出し、満足度を向上していく必要がある。その為にも、1回1回の治療や、はり1本1本の反応を振り返り、改善、調整する力が試される。マリオカートを通して、改めてこれらの大事さを感じた。

今回も大きな学びのある対決となった。
次回は最終勝負。『スーパーフォーメーションサッカー』対決。
現在1対1。次に勝ったほうが勝利となる。

経験1年未満の山根先生の勢いか・・・
経験10年以上の岡野の経験か・・・

勝負の行方は。次回を待て!!

▼動画はこちら
 
 

世の中は様々な事情が複雑に絡み合って入る。鍼灸師はより柔軟に対応していく事が重要であり、何より鍼灸治療ができる喜びや感謝の気持ちを忘れてはならない。

「訪問」で治療院を開業したい先生へ

開業したけどうまくいかない先生へ