『ワンチャンワンドキ!JK用語でJKの1日を再現してみた』の内容が衝撃的。何言ってるかワカラナイ…

どうも、Mr.ハリックです。

 
説明は患者様がわかる様に…。

一般の方には馴染みのない用語や、つぼ、経絡の名前が飛び交う鍼灸業界に於いて、学校や先輩方から指導や注意を受けた先生も少なくないハズだ。また鍼灸の効果が、国際的に認めらてきた昨今、海外のお客様に対しても対応できる様に、2ヶ国語、3ヶ国語の習得に励む先生も多くなってきている。

 
 
そんななか、LINE社の動画をみて私(Mr.ハリック)は、ある事に気付いた…。
 
 
ニホンゴガワカラナイ…
 
 
これはもう海外がどうとか、専門用語を使うとか、そう言った次元ではない。日本人が日本人とコミュニケートしている動画が、字幕なしでは意味がワカラナイのだ。つまりイミフなのだ‼︎‼︎‼︎
 
 
▼文字を見れば…
 
 
全てが流行っていたり、当たり前に話されている訳ではないだろう。SNSや文字ツールを使用するときだけのものもあるだろう。
 
が、しかし…。先輩たちに理解を求めたり、コレが俺たち世代のやり方だ!的なことをしている我々世代も、いつかこの波が来ることを覚悟しておかなければならない。
 
 
▼もう、なんにがなんだか…
 
 
 
この動画から学ぶことは多いのではないだろうか。我々も、ありよりのありを目指して行きたいものだ。では!
 
▼動画はこちら。字幕抜きには見られない…