トレーニング1万回男に挑んだ結果→もう、いろいろスミマセンでしたっ‼︎‼︎

訪問はりきゅう上達ラボ、鍼灸師のオカノです。

 
鍼灸師の中には、スポーツ選手のケアや、トレーナー活動を行っている先生も多くいらっしゃいます。私(オカノ)も、過去にはプロ、アマ、学生の様々な競技選手の治療をしていた時期がありました。その為に、トレーニングに関しては、ある程度勉強しており、自身のトレーニングも行ってきました。トレーニングは継続が大事!!これはトレーニングを本格的に行なっていなくても想像はつくと思います。当然ながら、スポーツに関するケアを行なっていれば
当然の事実であると認識
している筈です。今回、広尾のコンディショニングルーム『TEETER TOTTER』様の鍼灸師である大場先生が、そのことを実証して下さった。
 
 
最近は強度、頻度ともに減ってきているオカノ・・・。動画では、継続したトレーニングを行っている大場先生と、継続したトレーニングを行っていない私(オカノ)のフォームの比較をしている。種目はプッシュアップ(腕立て伏せ)と、スクワットの2種類です。この2つをみるとトレーニングの熟練具合がよく分かります。加えてバランス、柔軟性も見えてきます。
 
 
 
▼これ、よくわかりますね!15回超えたあたり
 
 
プッシュアップ(腕立て伏せ)のフォームを比較してみると…体幹部のラインが違うのがわかります。大場先生は、トレーニング開始時のフォームを維持しています。対する私(オカノ)は背中から腰が反っています。加えて顔が上がってきていますね…。(実施中はしっかりできてると思ったのですが笑)これは腰痛待った無しのトレーニングフォーム。しかも、大胸筋をはじめとするターゲットの筋を適切に刺激できていません。
 
 
▼次はスクワット。先ずは正面。
 
 
もうね、いろいろスミマセン…m(__)m
まず、大場先生と比べ、深さが全然違います。
 
 
▼横からみたら…
 
 
如何に筋力がないかよく分かる…
 
体幹部の角度をみると、私(オカノ)の身体が前に倒れているのがわかります。これは大腿四頭筋や腹筋、背筋が弱い為に姿勢を維持できない証拠で、股関節を正しく落とせないいません。もちろん股関節の柔軟性も問われています…。
 
 
やはり
 
 
大場先生

『年間1万回を日割りすると1日30回でイケるんですよ。毎日続けています。』

 

 
お、恐れいります。継続は力なり。

何事もホンモノは、毎日の継続で成り立っていますね…!

大場先生ありがとうございました!

 
 
 
▼日々のルーティンを隠し撮り
 
 
▼人が見ていないところでもきっちり

 

身体を整えるコンディショニングルーム

 

『TEETER TOTTER』

〒150-0012 東京都渋谷区

 

広尾5-19-4 SR広尾ビル #201

 

TEL:03-5791-7032 FAX:03-5791-7033

 

 

受付時間 平日・土曜
9:30-20:00 日曜・祝日 9:30~18:00 定休日 月曜