セイリンのセルフケアグッズ『こりスポット』をレポートする!肩こり軽くなるよ!

どうも、Mr.ハリックです。

先日、お邪魔した『MOTOYAコラボレーションフェア』のセイリンさんのブースに突撃取材した際に購入した、セイリンさんの『こりスポット』をさっそく試してみたのでレポートしたい。 

【突撃取材】印刷業界のイベントに『鍼水りん』ちゃん登場?!セイリンさんに話を聞いてきた!

実際に使ってみると、こりに直接貼ってみると、軽くなる感じがある

 
遠隔でのツボ刺激は、反応が薄いものの、僅かに効果がでてるかな?という感じだった。
 
▼肩こりに使ってみた
 
 
 
 
治療アイテムというよりは、一般の方向けの、セルフケア商品である。
 
 
 
 
そもそも、こりスポットとはなんぞや?
 
ということだが、コリのある部分や、ツボに張り、刺激ができるというもの。
鍼灸師の先生には「パイオネックス」の刺さない版といったらわかりやすいかもしれない。 つまり、 針が付いていない商品である。

 
以前より「パイオネックスゼロ」をいう刺さない系のパイオネックスが出ているが、刺激する部分がパイオネックスゼロは「ステンレス」、こりスポットは「樹脂」となっているので、より安全に、多くの方のセルフケアなどに使って頂ける商品となっている。
 
 
 
使ってみた感想としては、普段、鍼やパイオネックスを使っている方は『物足りない』感じがするのが率直な感想である。
 
しかし、患者様…特に鍼の経験がない方には安心して使えるのではないだろうか。
 
 
mycare_photo02

というコピーは「まさに!」という感じ。ツボや東洋医学を身近に感じて欲しいというセイリンさんの想いを感じる。

 
治療院で、来院患者様にのセルフケアにご案内するのも良さそう
 
 
 
▼では早速開封してみよう。数量限定のりんちゃんパッケージ!
 
 
▼お!ムラサキ色。パイオネックス感がハンパない

 
 
 
▼パイオネックスと比べるとこんな感じ
 
 
 
▼樹脂でこりを刺激する感じだ

▼ここまでパイオネックス…

▼合谷に貼ってみる

 
 
▼ギューっとしてもチクチクしない

 

 
 
▼左がこりスポット、右がパイオネックス

▼肩こりに使ってみた

 
 
現場では、パイオネックスは〝チクチクする感じが嫌〟という方もいるし、〝鍼を刺したままなんて不安〟という声もある。
 
以上を考えると、患者様のセルフケアや、治療後の効果を持続させる手段として、良いかもしれない。
 
何はともあれ、鍼灸師ではない人でも、気軽に、かつ安心安全に使用できるセルフケアグッズが、セイリンさんのからリリースされている点にも、大きな意味があるのではないかと思う。
 
 
こりスポットを通して『あ、鍼やってみようかな』『鍼灸治療受けてみたいなー!』という方が増えてくれたら嬉しい。

 
 
私(Mr.ハリック)は、事務員さんにこりスポットを見せ、早速使わせて頂いたところ、『肩こりと腰痛が辛い。今まさに辛い…』という悲痛な訴えがあったので
 
福利厚生の名の下 鍼灸治療を行い、楽になって頂いた。この事務員さんも『
鍼は怖い』派だったが、今回の治療で
 
『鍼…怖くないですね。またやりたいです!(社内治療家向けメール→)時間ある鍼灸師さんお願いします!(送信)
 
とすっかり鍼治療の虜になったようだ。
 
鍼灸治療の入り口として、またコミュニケーションツールとして、あとはプレゼントにもいいかも…
 
はりスポットの使い方はいろいろあるので、是非有効に使って頂きたい!
 
では!
 
 
あると嬉しいツボマニュアルが付いている!
 
 
 
▼キャンペーンでいろいろ貰えました!
 
 
▼パッケージの裏はこんな感じ

▼こちらもどぞ(・Д・) /

参照 : セイリン株式会社、鍼水りん、こりスポット、パイオネックス、パイオネックスゼロ、youtube