第3回 HARIQLABOイベント レポート【取穴のキホン?現場の取穴ができる様になろう!】

どうも、Mr.ハリックです。

7月22日(土)に第3回 HARIQLABOイベント
【取穴のキホン?現場の取穴ができるのようになろう!】を実施した。

結論から伝えると
ココロケーターを使って【取穴練習】を行うと
現場の取穴ができるようになる。

ということだ。

その理由として、

患者様の反応のあるなしは置いておいて
まずは【自分の感覚で取穴する / 教科書的な取穴方法と比較する】
というのが現場のスタンダードになっているかと思う。

ここにココロケーターを持ち込むことによって
【自分の感覚】を客観的に表現できる可能性が出てきた。

そして、この各先生の持っている【自分の感覚】を
【ココロケーター】という、共通の翻訳機を使って表現することで
意見交換がしやすくなったり、指導や教育をしやすくなる。

という実態がみえてきた。

それにより【取穴】の感覚を意見交換することにより
【現場の取穴の感覚】が伝達され、相乗的にスキルアップが図れる。

また経験の浅い先生にとっては
今まで【謎】といってもよかった、先輩たちの【感覚】の違いが
よりわかりやすい形となり
【そういう風に取穴しているんだ】と、自分に落とし込む作業がしやすくなる。

結果として、現場の取穴ができるようになる。

というわけだ。

では当日の様子をご覧いただきたい。

fullsizeoutput_2b2c

今回は、セイリン様よりご協力を頂き
反応点を検索できる「取穴器」ココロケーターを協賛頂いた。

fullsizeoutput_2b32

▼先生方にまずは、自分で試してみる。

▼『合谷』の反応点をココロケーターで見てみる。

▼指の感覚、患者様のの反応などの違いをみる。

▼臨床でも使うことの多い腰部。ランドマークから取穴。

▼自分の指だとどうなのか

▼ココロケーターで反応の差を見てみる。

▼『委中』はどうか

▼指の感覚とココロケーターの反応をみながら意見交換

 

▼実際に刺鍼をして反応をみる。

▼ココロケーターの反応点に鍼を打ってみる。

▼鍼を打った後に反応が変わるかみてみる。

▼自分の感覚と照らし合わせてみる。

▼頚部はどう反応するのか。

▼頭部などもチェック

 
 
あああああ 

▼当日は、一部facebookでLIVE配信してみた。


ご参加頂いた皆さん!!ありがとうございました!!

今回のイベントで、たくさんのことが得られたので
ご参加された皆様には、個別にまとめ資料を送付いたします。

【取穴】という鍼灸師として基本的なことかもしれないが
いままで【感覚】という壁や、目に見えない評価を伝えるのが難しいといった問題があり
なかなか上達できなかった先生も多いとおもう。

今回、ココロケーターを使うことで
可能性が広がったことは間違いない。

基礎からしっかりと取り組みたい!
もっと【感覚】をわかりやすく意見交換したい!
という先生や治療院さんは
ココロケーターの利用を検討してみてはいかがだろうか?

image

メイプル名古屋様で購入できます。
fullsizeoutput_2b46

↑クリック

今回イベント開催にあたり
株式会社セイリン様よりご協力をを賜り大変感謝いたします。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

jsp

 
セイリン様、鍼水りんちゃん
ご協力、そして多大な応援・・・
本当に本当に
ありがとうございました!!
♪───O(≧∇≦)O────♪