現場で使っている『はりきゅうの基準』を使って、実際に取穴と刺鍼をやってみた!

訪問はりきゅう上達ラボ、鍼灸師のオカノです。

前回までの記事はご覧いただいたでしょうか?

▼今回は『凹凸理論』を使って、取穴と刺鍼を行います。

▼鍼灸師が施術することも多い、腰部をサンプルにして見ましょう。

▼指が吸い付く様なところを探し、微調整しています。

 
 
 
▼刺鍼は動画でご確認ください。

腰部の様に、面積が広く、微妙な差で効果が変わる部位は
特に有効だと感じています。

次回は、下腿部の取穴と刺鍼をアップ予定ですが
下腿部は『凹凸理論』ではなく、拍動部を基準に取穴と刺鍼をして見たいと思います。

参考になった点や、わからないところがあれば
コメントをいただけますと幸いです!
 

「訪問」で治療院を開業したい先生へ

開業したけどうまくいかない先生へ