あのyoutuberから学ぶ!お灸でのセルフケアを勧めるときに、確認しておきたいこと

どうも、Mr.ハリックです。

 
ここのところ暑さも厳しくなって、訪問をしている人間にとっては、とてもとても季節を感じる時期になってきました。
 
しかし、世間一般に見れば『外なんか出たくねーよ』と、クーラーと扇風機のスーパーコンボで、身体冷え冷えの状態の方が沢山います。
 
また、急な温度変化に、自律神経も乱れがち。
体調不良を訴える方も出てきます…と、これが所謂『夏バテ』と呼ばれりものでもあります。

そこでオススメしたいのが…
 
 
 
 
焼酎のお湯割…
 
 
 
 
では、なくてっ!!
 
 
 
お灸 !!

269959

 

 
 
 
 
▼先日も、箱灸という気持ち良さそうな施術をご紹介した。

 

 
 
 
そして、家庭で簡単に出来るお灸といえば『せんねん灸』ではないでしょうか。
 
せんねん灸

https://www.sennenq.co.jp/

そのせんねん灸にもいろんな種類の熱さが人によって感想がマチマチですが…
鍼灸師が一般の方にセルフケアとして、せんねん灸をオススメする場合、いくつか伝達事項をする必要があることに気づいた。
 
 
先ずはyoutuberであるHIKAKINの動画をみてみよう。

 
一般の方にお灸を勧める場合に伝達しておきたいこと!

【その1】

大体の場所と、一度に据える数をお伝えする。
 
【その2】
点火の仕方をお伝えする。
 
【その3】
熱さの具合と、そのタイミング、その波をお伝えする。

 

そして、こちらの動画では、鍼灸師が見落としている、ある問題点が露呈されている。
HIKAKINそれは幾ら何でも・・・!!

とおもった鍼灸師もいるだろうが、これがリアルな感想だと思う!

ということで…
 

【絶対に伝えたいこと】

終了のタイミングを伝える。
 
 
 
これは、意外と一般の方には理解しにくい難しいところなので、しっかり伝えたいところ。
 
 
因みに私(Mr.ハリック)は
『お灸の周り(台座)を触って、熱さを感じなくなったら終了です。』とお伝えしています。
 
 
【番外編】
お灸の煙、匂いについて説明しておく。

 
と、私見を一通りお伝えしておいてアレなのだが、先ずはせんねん灸オフィシャルの動画を確認してもらうと良さそうだ!

▼せんねん灸の正しい使い方!(公式!!)


 
 
 
 
患者様だけでなく、自分たちのコンディションにも気を使う時期。また家族や友人からの相談もあると思います。
 
お灸で体調を整え、快適に過ごして欲しいと願っています!