「疲れた、もう疲れたよ…」とりさるモン先生に足の疲れをケアするツボを学びなさい!

どうも、Mr.ハリックです。

9f949264217e367b5240ee030738558b_s

以前、あおぞら整骨院の浅田先生もおっしゃっていたが、自分でやってみて効果のあるものは、自身を持って指導できたり、施術できるもの。自分のカラダをコンディショニングできることも、同じ事といえよう。

今日は、訪問に限らず、治療家なら誰もが感じているであろう、足と腰の疲れをケアするツボを紹介する。メジャーオブメジャーなツボだが、効果があるからこそメジャーなのだ。改めてレジェンド経穴様たちを崇めることになるハズだ!
ツボは4つ
1.足三里
ダントツの知名度と、臨床使用回数を誇るキングオブ経穴。人類の有史以来のツボ刺激回数をカウントできるなら、足三里が一番なんじゅないかと推測すらしてしまうくらい、信頼度は高い。
2.附陽
ある先生に云わせるなら〝「承山」ではなく「附陽」を取れたら渋いよね〟というほど、玄人好みの渋い仕事をするのがこの附陽といえよう。試合では繋ぐバッティングや送りバントに徹して、守備も堅実だが、バッティング練習では柵越え連発という、隠れた名選手と言えよう。

3.三陰交
婦人科疾患であったり、むくみであったり、女性のお悩みを解決するツボとして知られる三陰交ですが、三つの陰が交わるところの影響力はハンパじゃねーぞってハナシ。筋肉が張っている時や、疲労が強いとき、また「なんとなーく元気がないなー」というときにも使える、ある意味万能ツボでもある。周囲のツボにも反応がでるツボがあるので、三陰交にこだわらず、刺激してみても良いと思う。

4.陰稜泉
3番4番が足三里、三陰交なら、陰稜泉は5番に控える強打者というイメージだ。秋山、清原、デストラーデで例えるならよく分かるだろう。また、中島、カブレラ、和田で例えても、よく分かるはずだ!3番4番を活かすのは5番の存在といえよう。

そんな、某レオチームで例えていても、わからない方も多いと思うので
医世界の精霊、とりさるモン先生にご説明を願いたい!
宜しくとりさるモン先生!! 

IMG_8431
 

【足と腰の疲れをケアするツボとマッサージの動画もん!】

立ち仕事や座りっぱなしのお仕事の人は足が疲れたり、むくんだりしやすいもん。だから僕とチッチ君が選んだツボを紹介するもん。紹介するツボは足三里 附陽 三陰交 陰稜泉もん。腰痛予防にもつかえるもんから参考にしてもん….続きはアニメを見てもん☆

▼では、とりさるモン大先生よろしくお願いします。



 

公式HP http://torisarumon.com/

公式ツイッター https://twitter.com/torisarumon



とりさるモンの治療院は、ちりょうの精霊(せいれい)さんが集まる医世界にある鍼灸整­骨治療院もん。医世界は人間界ととても似ている世界。『とりさるモンの治療院のお話し­』は、医世界の中でとりさるモンとその仲間達が、怪我や病気で困っている人たちを治療­する日々を描くお話もん。

 
IMG_8432

 

▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n



【説明会についてはこちら】




▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!

※無断リツイート推奨してます!    

▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   
▼メルマガ登録はこちら