新規患者様はどうっやて、治療院の患者様になっていくのか

どうも、Mr.ハリックです。

みんな気になる

「新規患者様はどうやって獲得するの?」

というところを今回は学んで活きましょう。

訪問はりきゅう(訪問マッサージ)治療院の患者様のほとんどが
ケアマネージャー様からのご紹介になります。

何故かというと、訪問治療の対象者は
 ・寝たきり
・歩行不可
・歩行困難

の患者様ですので、ほとんどの方が介護サービスをご利用されています。

介護サービスをご利用になっている方は
様々なお悩みやご希望を、「ケアマネージャー様」に相談します。

例えば・・・

「ずーっと腰が痛くて、何をするにも億劫だわ」

と訴える山田様(仮)

「この痛みが少しでもよくなるように、はりでも受けてみたいもんだね」

「でも、外出はできないし」

「年金暮らしで、そんな高いお金は出せないし」

「腰がよくなれば、デイサービスでも楽しく過ごせるし」

「お家の中でも、もう少し楽に過ごせるんだけどね」

といった具合にケアマネージャー様とお話ししました。

ケアマネージャー様は、介護サービスについての専門職ですが
こうして、ご利用者様からいろいろなご相談があるために
医療や福祉、地域の情報などをチェックしています。

相談されたケアマネージャー様は

「山田さん!今は、お家ではりを受けることができるんですよ。」

「しかも、お医者様に書類を書いていただけば、健康保険で出来るみたいよ。」

「今度、山田さんのお家で腰の治療ができるか聞いてみますね!」

ということで

ここで治療院にご連絡いただきます。

「○○治療院ですか?私の担当している山田様の腰のはり治療をお願いできますか?」

このような形で、ケアマネージャー様からご連絡をいただき
ご紹介いただくというケースがほとんどになります。

この時にこのケアマネージャー様が自分の治療院へご連絡をくださるか
がポイントになります。

知らなければ、もちろん、ご連絡はありません。

治療院を、そして先生自身を
ケアマネージャー様に知っていただく必要があります。

そのために、地域のケアマネージャー様にご挨拶を行ないます。

ご挨拶の手段としては・・・

・ケアマネージャー様の在籍する「居宅介護支援事業所」にご挨拶に伺う
・地域の情報や、ケアマネージャー様が集まる「地域包括センター」にご挨拶に伺う
・ご要望の際に、ご連絡をいただけるように、名刺や連絡先の入ったチラシをお渡しする
・相談がしていらしたご利用者様に案内しやすいチラシをお渡しする
・治療院、先生にご興味を持っていただけるような、自己紹介カードや治療院新聞などをお渡しする
・はりきゅうや、東洋医学の情報を提供する

といったことが挙げられるかと思います。

地域のケアマネージャー様との信頼関係構築が、新規患者様獲得のポイントになります。

またお一人ご紹介くださった後に、ご利用者様の満足度が高ければ
2人目3人目の患者様をご紹介くださるケースも多くあります。

この際に、物品や金銭を渡し、ご紹介を受けると
違法となりますので注意してください。




▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n



【説明会についてはこちら】




▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!

※無断リツイート推奨してます!    

▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   
▼メルマガ登録はこちら