【研修】はりきゅう治療をしっかりと行うために、まずやってみよう【実技】

訪問はりきゅう上達ラボ、オカノです。

今週は訪問はりきゅうを始める先生方への研修があります。
しっかりと訪問ができるようになって頂きたいと思います。

実技についても時間を取っていますが

私は、特に新卒や経験の浅い先生に対して

『鍼や灸の前に、患者様のお身体を触れること』

を必ずお伝えしています。

それは
鍼を打つにも、灸をするにも
患者様のお身体の状態を正確に捉えることが重要
であるからです。

まずは鍼を打つ前に
患者様のお身体に触れ、その日の状態を正確に捉える意識を持ってください!

では、実際にどのような手順で
患者様のお身体に触れていけば良いか
順を追って動画でご紹介していきます。

(※全て側臥位で実施しています。)

▼まずは背部を触っていきます。

 

 

次に臀部。ここは手技を使うことが多い!

 

そして下肢にも触れ、状態をみていきましょう。

 

《実際の治療はこちらで確認!!》

【過去記事】訪問はりきゅう治療のスタンダードな流れをご紹介! 

養成校では、「身体を触ること」について
あまり教えてくれません。

しかし、熟練した先生であればともかく
臨床経験の浅い先生や新卒の先生

患部に全身に触れ、患者様のその日の様子を確認
鍼を打つ場所、灸をすえる場所を決めていくようにしてみましょう。

お身体の変化もよくわかるだけでなく
患者様とのコミュニケーションの中で
訴えも明確になってきます。

最初は少し練習が必要かもしれませんが
しっかりと習得し、日々の治療に活かしてください。

【こちらも参考にしてください】

【お悩み相談】「実は患者様を前にして、何をしていいかわからないんです。」【解決したい!】 : 訪問はりきゅう上達ラボ

▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n



【説明会についてはこちら】




▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!

※無断リツイート推奨してます!    

▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   
▼メルマガ登録はこちら