【神経痛】治療のことも聞いてきたからチェックしておこう!【パイセン症例】

どうも、Mr.ハリックです。

前回に続き神経痛です!
現場で活躍する鍼灸師のM先生方にの治療例も聞いてきたんでそれも紹介するぞ!チェックしとけ!

女性患者様のケース

 症状:下肢のシビレ、起床時にふくらはぎが硬い、歩行時痛

 

治療のねらいを教えてください!
腰から足にかけての血行を良くする
ふくらはぎの筋緊張の改善させる
これらを行って、神経の流れを良くする
 
現在おこなっている治療を教えてください!
背中から腰をさすりながらローラー鍼を使って刺激
お尻の筋肉を指圧して筋緊張改善を図る
腰にお灸と温灸器
ふくらはぎのマッサージ
 
治療後の状態はどうですか?
痺れが軽減して、筋肉は柔らかくなります。

 

問題点はありますか?
起床時のふくらはぎの硬さが改善せず、まだ動きにくさを感じる
 

 

今後の対策や方向性などはありますか?

服装が下げにくいですが、患者様とご家族様の協力を頂き、仙骨孔付近にお灸を行ってみます。
あとは、はりラボの「下腿を緩める手技」を最近治療に取り入れています。 

お!訪問はりきゅう上達ラボ、活かしていただいていますね!あざます!

他の先生の症例を聞くと、新しい気づきや、自分がやっていることとの共通点もあったりと
とても勉強になりますね。

M先生、ありがとうございました!

服装が下げにくいですが、患者様とご家族様の協力を頂き、仙骨孔付近にお灸を行ってみます。
▼仙骨孔のお灸例

はりラボの「下腿を緩める手技」を最近治療に取り入れています。 
▼下腿の手技

【関連記事】
▼しっかり練習していこうぜ!

【練習】治療と治療の合間に時間ができたので、今まで悩んでいたところを練習しました。 : 訪問はりきゅう上達ラボ

▼鍼灸師の先生たちも見てくれている!

【手技動画】下腿の施術をご紹介!!
 

 

「訪問」で治療院を開業したい先生へ

開業したけどうまくいかない先生へ