【現場でよくある】神経痛について現場の先生方のご意見を頂戴したゾ【要確認】

どうも、Mr.ハリックです。

現場でもよく遭遇する「神経痛」。同意書にも神経痛に◯が付いているケースは多い。一概に「神経痛」とはいえど、患者様の訴えや症状はまちまち・・・今回も現場の先生方に、今までの経験を踏まえオハナシを聞いてきたぞ。経験が浅い先生はチェックしとけよ!

患者様の訴えには、どんなものがありましたか??

・ピリピリした感じ
・ビリビリする
・じんじんする
・気持ちが悪い
・靴下を履いている様な感じ
・歩くとふわふわする
・力が入らない
・失禁をした感じ など
 

神経痛が疑われる際には、問診や診察時にどのような確認していますか??

 

・症状がどこにあるのかを聞く
・左右差を確認する
・徒手検査は間違いなく実施する
・知覚、触診の確認
・MMT
・日内変動など

どんなことが原因で神経痛が出ていましたか??

・神経根症状(狭窄症、ヘルニア、圧迫骨折、円背、側湾症などによる神経根圧迫)
・圧迫性症状(梨状筋症候群、胸郭出口症候群、斜角筋症候群、肘部管症候群、手根管症候群、筋緊張や筋萎縮による神経圧迫など)
・病的神経痛(脳卒中など)
 
 
これも神経痛?と思う様な、みのがしがちな神経痛の症状があれば教えてください!
・足が上がらない
・よくつまずいて上手に歩けない
・階段が上がれない
・湯呑みをもてない
・物を落とす
・力が入らない
・脱力感
・触ると暖かいが、冷えている感じがする
・手が震える

患者様がご自宅でできる神経痛対策はありますか?

・温かい衣服を着用する
・カイロなどで温める
・長時間の同姿勢をとらない
・姿勢に気をつける

セルフケアとして、どんなアドバイスをしていますか?

・症状が出ている神経に関係するツボ押し
・神経を圧迫している筋肉や関連する筋肉のストレッチ
・入浴をして温まる
・温める部位の指導
・部屋の温度管理

ご意見をくださった先生方、ありがとうございました!!

私(Mr.ハリック)的には、神経痛には鍼灸治療は非常に効果の高い治療法だと思っている。
患者様や、ケアマネージャー様もそういう認識でいたり、期待を込めてご依頼くださるケースもある。
また、ご本人が神経痛だと認識していないケースもあるので、問診や徒手検査、また日々の治療で注意していきたいと思います。

image