同意書にもある【頚腕症候群】実際どんなものなの?現場の先生たちに聞いてきたよ!

どうも、Mr.ハリックです。
 
同意書にもある「頚腕症候群」
 
なんだかフワっとしているというか、症候群なので、ここに含まれるものは、結構多いですよね。
ということで、鍼灸師の先生たちに意見を聞いてみたよ。

 

頚腕症候群って何ですか?? 
頸、肩、腕にかけて痛み、痺れなどの症状を訴えるが、はっきりした病名がつかないものを頚腕症候群と呼びます。   変形性頚椎症、頚椎ヘルニア、頚椎側弯、ストレートネック、
胸郭出口症候群、斜角筋症候群、むちうち、筋緊張性頭痛なども広い意味では頚腕症候群と呼べるかもしれません。

整形外科医でも、このあたりの認識には差がある感じがします。 

 

-wikipediaより抜粋-

広義の頸肩腕症候群は、首(頸部)から肩・腕・背部などにかけての痛み・異常感覚(しびれ感など)を訴える全ての症例を含む[2]。この中で、他の整形外科的疾患(たとえば変形性頸椎症頸椎椎間板ヘルニア胸郭出口症候群など)を除外した、検査などで病因が確定できないものを(狭義の)頸肩腕症候群と呼ぶ。

狭義の頸肩腕症候群は座業労働やストレスを原因とする場合が多い。かつてキーパンチャー病と呼ばれたものもこの一種であり、現在OA病あるいはパソコン症候群と呼ばれる一連の症状もこの範疇に入る[2]。若年層から起こり、男性より女性のほうがかかりやすいとされている。 職業によって罹患した際は、頸肩腕障害と呼応され、比較的軽度の人から重度の人まで幅広い。 頸肩腕症候群であることではなく、その重症度が問題の疾患である。 最近の研究で、重症難治化した頸肩腕症候群の多くは繊維筋痛症の容態を示すことが多いことも分かってきた。

 
 
では、実際の現場で、患者様は頚・肩・上肢・背部のどんな症状を訴えていますか?
 
 
・頚肩部から上肢にかけての鈍痛、痺れ
・筋肉の張り、こわばり、動かしづらさ
・肩甲部の放散痛
・頚肩部の痛み、怠さ、しびれ
・動作時痛
・頭痛
・つまっている、強張っている、つっぱり感
 
 
なるほど…いろんな症状がありますね!



 

 

 

先生方は、なぜ頚腕症候群がおこるとおもいますか?
 
・成人の方と高齢の方だと、原因は少し違うかも。
・分けて考えたらわかりやすいかもよ。
 
 
そ、そうですね。ありがとうございます。
では、成人患者様に見られる原因はどんなものが考えられますか?
 
・長時間の同じ姿勢
・肉体労働(筋疲労から)
・姿勢(猫背など)
・ストレス
・歯の噛み合わせ
・交通事故(むちうち)
・ストレートネック(スマートフォンなど)
・デスクワーク、パソコン
・子育て
・介護
・スポーツ
 
 

 

高齢者様に見られる原因はどんなものが考えられますか?

・アライメント不良(側弯、後弯)
・心因性、転倒、杖歩行
・円背、側湾、姿勢
・骨の異常、変形
・筋力低下
 

 

 

現場で、頚腕症候群が潜んでいる可能性を疑う患者様の症状や訴えはありますか?
 
・不定愁訴
・頭痛
・めまい
・鬱症状
・睡眠不足、睡眠障害
・白内障、緑内障
・頸部の可動域低下→上を向けない、振り返りにくい
・頭痛
・目がぼんやり、かすみ、見えにくい
・片手が冷たい
・耳の閉塞感、耳鳴り
・物が掴みにくい
・イライラしやすい人に多い傾向

 

患者様がご自宅でできる頚腕症候群の対策はありますか?

・悪い姿勢を取らないよう気をつける
・長時間の同姿勢をとらない
・冷えないよう服装に気をつける
・同じ動作をやりすぎない
・姿勢、長時間の同姿勢をとらない
・冷やさない→首にタオルで保温効果
・重い物を片手で持たない
・テレビ位置や椅子など家具の配置による生活姿勢の改善
・急な動きに注意
・枕の高さ調整

 

自分でもできるセルフケアを教えて下さい! 

・軽い運動とストレッチ(肩甲骨、首、肩)
・入浴(湯船やシャワーを長めには入り、温める)
・同じ作業を行う時は時間を決めておこなってもらう
・部屋の温度管理(体感温度が鈍るため、温度計などで指導)
・ツボ押し(手三里、合谷など)
 
 
 
いろんなご意見ありがとうございました。

とても参考になります。

【頚腕症候群】という、症状が掴みづらかったり、範囲が広い疾患ですが

 現場の先生たちのご意見があると、理解が深まりますね!

本当にありがとうございました!

治療法なども伺ってきましたので

次回の記事でご紹介したいと思います。