【習得しときたい】殿部の状態を改善する手技【特に訪問は】

どうも、Mr.ハリックです。

 

 

以前にも練習会を行った殿部の施術。

【過去記事】殿部にはりを打ちたいけど諸々の理由で、できないことあるよね?そんなときの為の手技を練習したよ。 : 訪問はりきゅう上達ラボ

https://houmon-shinkyu.jp/archives/15049083.html 

 

 

訪問だと、鍼を打ちたくても、お灸をしたくても

なかなか出来ないんですよ、色々ありまして。

 

 

色々って何か?って??

 

・殿部の露出を嫌がる方がいる。

・女性患者様対男性施術者の場合、デリケートな問題が発生する。

・厚着をしていて、脱がすのが大変

・脱がして(ずらして)も、元の状態にするのが大変

・オムツがズレる

・オムツに排泄がある場合、本人がいやがる(小でも)

・オムツをしていることを、バレたくない

 

そして、これらを、本人のお気持ちを察して相談、対応するのがプロの訪問鍼灸師だろうと、私(Mr.ハリック)は思っています。

 

そう考えると、手技で解決する技を持っておくことは必要になる。

 

 

練習の際は、自分も施術を受けてみるとイイぞ!

 

 



▼その3つのポイントとは

 

 

 

 

 

 

押し方とかは動画でチェックしてね

▼殿部の手技施術の動画はコチラデス