【いやマジで】新卒の先生たち。これは覚えておいたほうがいいよ!!

どうも、Mr.ハリックです。
 
新卒の先生たち。これは覚えておいたほうがいいよ!!
 
「オレは(私は)鍼灸師だから、鍼とお灸だけで勝負するぜ!」というお声がきこえることもありますが
 
コレカラ鍼灸師になって、現場に出ていく方たちに、チョット先輩の私(Mr.ハリック)からアドバイス。
 
患者様の治療において、鍼や、お灸というのは、道具や選択肢の一つでしかありません。
 
 
そして…(ここからが大事‼︎)

 

 

的確な治療をする為には、患者様のお身体を正確に把握しないといけません。
と、いうことは
鍼とか灸以前に、手で触れなきゃ話になんないよね、というハナシ。
あくまでも、私(Mr.ハリック)の私感だけど、続けるね。
それで、特に背部は反応点も多いし、治療ポイントになるツボも多いので、触れる様になった方がいいよ!
 
 
 
実は訪問を始めるにあたり、先輩に教えて貰ったアドバイスそのままなんだけどねw

 

鍼灸師として治療していくと、よりこの意味がわかっていってる、って感じ?

 

聞いといて良かった。って思うから、これからの先生たちにも知っていて欲しくて。
指導用の動画の公開許可を貰ってきたよ。(あざます!)

 

ってことで

 

▼鍼灸師の為の、背部の手技をご紹介‼︎
▼手のひらで捉えろ!
▼指先で捉えろ!
▼気になるところを触れ!
▼一貫して言われていたことがコレ!
▼自分の指が鍼だったら?

 

▼指導用動画の全容(公開してホントに大丈夫すか?)
 

 

《同僚や先輩たちのコメント》

 

・鍼灸師なんだから、取穴できなきゃしょうがないだろ?
・取穴できて、目的の刺激を与えられるなら極論、鍼はいらない!
・無駄な鍼が省ける→その方がお身体の負担すくなくなるよ。
・的確に治療できるから患者様の満足度が高くなるよ。
・始めっから鍼だと、あっちもこっちもってなるから、これから始めれば時間短縮にもなるからマストで。
ハイレベルなご意見から、確かに!と思えるご意見。

 

ありがとうございます。
実際に患者様も、お身体に触れることを望んでいたり、手を当てて欲しいと思っています。
鍼やお灸を極める第一歩として

 

先ずは患者様のお身体に触れることはから始めてみて欲しいと思います!