【練習】委中をしっかり取穴して、刺鍼する練習を行った結果・・・

どうも、Mr.ハリックです。

治療家は日々の鍛錬と勉強が重要である。特に経験の浅い先生は、空き時間をうまく使いながら、技術力を高めて欲しい。今回は、訪問現場でもよく使われる「委中」の取穴の取穴と、刺鍼の練習を行ったのでその様子をお伝えする。

▼「動画」を活用すると、空き時間で練習ができる。
 
 
▼それでも上手くいかないときは先輩にアドバイスをもらおう。

 
 
▼上手くいかない理由を1つずつ修正

 
 
▼取穴場所や鍼の角度を修正して、しっかり『委中』を狙って刺鍼。

 
 
▼確認と修正を繰り返すことで、正確な取穴と刺鍼ができる。

 
 
 
▼全体の様子はこちらで確認できるぞ。
 
 
触診で、自分が今まで思っていた場所にパッと取穴して刺鍼した時と、最初に広く指全体で触診し、拍動部を確実に触れるなど、「委中」の場所を探り、しっかり狙った刺鍼をした時とでは、患者様(役)の満足度が全然ちがう。
 
練習や、実践でも、こうした繰り返しが経験になり、実力になっていく。是非意識的にスキルアップを図って欲しい。
 
では!