【練習】治療と治療の合間に時間できたら、今まで悩んでいたところを練習しよう!

どうも、Mr.ハリックです。
今日は、同僚の永井先生と同じ時間に
治療と治療の合間の時間が出来たので腰の治療を練習をしました。
 
 
今回の課題
 
・腎兪、大腸兪への刺鍼
・仙骨孔への施灸                です。
 
 
▼先ずは動画で確認!意見交換をしながら見ると、内容がすんなり入ってくる。

 
 
▼iPadで動画を流しながら練習

 
 
 
▼何回か動画を見ていると、結局あまりiPadを見ないで施術出来る。

 
 
▼台座灸も実施。「熱さどうですか・・・」

 
 
練習を実施した先生は、今までは、取穴の部位が少しズレていたり、自分では上手く行っていると思っても、患者様の反応がイマイチだったりして、少し悩んでいた。この練習で、的確な刺鍼を毎回行えるように、手の感覚だけでなく 患者様のお身体を解剖学的にも理解して、刺鍼をする必要があることにも気づいた様だ。
 
では!
 
▼練習の全体像はこちらをご覧下さい