【現場同行】今回は訪問『マッサージ』の現場にお邪魔して、施術の様子と治療後に患者様にお話を伺ってきました。

どうも、Mr.ハリックです。

先日は、訪問はりきゅう治療に同行させて頂き、施術を見せて頂きましたが、今回は訪問『マッサージ』の現場を覗いてきました。
【参照】プロの独身」を自称するアッキー先輩の訪問はりきゅう治療を見学させていただきました!
ー訪問『マッサージ』は、はりきゅうを使わず、マッサージやストレッチ、運動療法、変形徒手矯正術などで症状の改善を図ります。同意書も、傷病名に関わらず、筋麻痺や関節拘縮、筋萎縮などの症状と、施術部位、施術方法が記載され、施術料金体形も、はりきゅうとは違っています。
ー今回の患者様は、頸腕症候群や腰痛、膝関節痛に下腿部の浮腫みと、全身的に症状を訴えているとのこと。ご本人様のご事情から、週に1回の治療となっている様ですが、それでも毎週毎週各所の改善が見られているとのことです。
▼ベッドに側臥位になり、施術部位に手縫いをかけ、治療開始。
▼頸部から上肢、背腰部まで、手際よく軽擦と揉捏を行っている。


▼殿部に『つまる感じがある』とのことで、じっくり母子圧迫を加えている


▼腰部の母子圧迫に患者様も『そこが悪い感じがするわね』と声を漏らす。


▼反対向きになり、反対側の施術。流れは同じ様子。


▼『側臥位で下腿部施術は反応をみてるだけ』とのこと。


▼仰向けで下腿部〜大腿部をしっかり施術。側臥位の時に流れで反応をみておいて、仰臥位でじっくり施術、という訳か。
▼下肢のストレッチや、足関節〜股間節の他動運動などを実施して、効果を高める。
▼座位になり頸腕部をもう一度施術。頸部の状態変化で、今日の施術が上手くいったかどうかがわかるらしい。



▼最後は背伸びをして終了。患者様もご満足のご様子。
治療後に患者様にお話を伺いました。
ー施術が終わり、いかがですか?
『いつもしっかりやってもらって、嬉しいです。そこが何より。』
ー治療後は調子が良くなりますか?
『治療をした日はとにかく良く眠れる。(治療後は)身体も軽いし、少しずつでも良くなっているから。』

ー今までなかなか症状が改善せずに困っていたということですが、訪問マッサージ治療を始めて、変化が出てるご様子。
患者様も非常に満足していました。
『先生に治療してもらって幸せだわ。』

終始にこやかな雰囲気での訪問マッサージ治療でした。
ありがとうございました!!
患者様が症状の改善を感じて下さって、ご満足している姿をみると、施術上達が必要だと感じます。はりきゅうもマッサージもそこは共通しているので、早速参考にさせて頂きたいと思います!!

▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n

【説明会についてはこちら】
▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!

※無断リツイート推奨してます!    

▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   


▼メルマガ登録はこちら