車椅子で生活されている患者様。治療の時はベッドで施術を行いたい。このケース、けっこうありますよね?

どうも、Mr.ハリックです。
訪問はりきゅう 実技練習会
今回は【ベッドへの移乗介助】の練習をしました。
ー歩行困難の患者様の中には、車椅子で生活されている方も多いかと思います。ベッドに移って治療する際に、移乗のお手伝いをすることもありますので、現場でスムーズに行えるように、また転倒などのリスクを避ける為にも、練習しておきたいものですね。
▼同僚と役割を分担して、練習。事前に介助方法を確認しておこう。


▼身体を患者様に近づき、安定する距離感を掴みたい。
▼腰に手を回し
グッと引き寄せ
▼患者様の足を軸にする様に
▼患者様をベッドへ移します。



このあと、ベッドから車椅子への移乗も練習しました。
移乗や介助については、患者様にどうしたら無理なくできるかを聞きながらやっていくと良いかと思います。
また、ご家族や、ヘルパーさんに普段どの様に移乗しているか、介助しているか聞いてみるのも良いですね。
ともあれ、安全に、患者様に負担なく実施できる様にならなければいけません。
自分の身体にも無理がかからないやり方を見つけていきたいと思います。
介助方法については、ネットでも検索可能です。
▼介護のお仕事さんの記事。動画もありわかりやすかったです。

▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n

【説明会についてはこちら】
▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!

※無断リツイート推奨してます!    

▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   


▼メルマガ登録はこちら
   

「訪問」で治療院を開業したい先生へ

開業したけどうまくいかない先生へ