訪問で使っている癖になる鍼ーその2

どうも、Mr.ハリックです。

ーこだわり抜いた鍼…これが治療結果を左右する…(らしい)。鍼は使うものの性格を表す。そんなはり師のこだわりアイテム。というかメインアイテム鍼。
前回に続き、普段、私(Mr.ハリック)が訪問で使っている鍼を紹介していきます。

 
▼とにかく私(Mr.ハリック)は、この山正NEOディスポ鍼を手離せない


▼カチッとロックを外す。使い始めは外しにくいさを感じたが、今ではプッチンプリン並みの快感さえ覚える。
▼鍼が鍼管から落ちないのが特徴だ。患者様宅での治療において、鍼が落ちないというのは、かなりポイントの高い仕様といえる。



▼鍼が落ちないかわりに、逆からは鍼が入らないから注意が必要だ。
▼つまり、こちらからでないと送管できない。鍼を打ったあとに、再度打とうと片手送管する際は、鍼管をひっくり返さなければいけない。慣れてしまえば、他の鍼でも鍼管を回してしまう程、癖になる。
▼今日も現場で大活躍。



この鍼とは治療院に入った時に

偶然とも言える出逢いがきっかけでした。

 

先に治療院で使われていたので

私もそれにしがっただけなのだが・・・ 

以来、この訪問用に作られたのではないかとすら思える

山正NEOディスポ鍼とともに、治療を行っています。 

コスパが良いところも魅力的です!!

今後も、サンプル等が送られてきましたら

レポートしていきたいと思います。

メーカー様!!

是非サンプルを

くださぁぁぁぁぁぁぃぃぃい!!!!

因みに…株式会社メイプル名古屋様で注文しとります。
http://www.maiple-nagoya.com/fs/shinkyu/c/yamasyou

▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。

27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n

【説明会についてはこちら】
▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!

※無断リツイート推奨してます!    

▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   


▼メルマガ登録はこちら
   

 

「訪問」で治療院を開業したい先生へ

開業したけどうまくいかない先生へ