【訪問現場】睡眠について調べたものとセルフケアを患者様にお伝えした結果・・・

どうも、Mr.ハリックです。

寝つきが悪く、お悩みになっていた患者様に

現場で「睡眠」の質問がでたので調べて見たら、耳が痛過ぎた!オマエラちゃんと寝ろよ!!

をもとにして、資料をお渡しすると共にセルフケアをお伝えした。

快眠に導くツボはこちら
【百会】自律神経を整え、不眠に効果的なツボ

両手の中指で「気持ちいい」と感じる強さで10秒程度押してみよう。
ポイントは体の中心に向かって押す感じ。




【安眠】快眠や熟睡に効果的なツボ

耳の後ろ側にある骨の膨らみ(乳様突起のある部分の下から、指一本分下。完骨の近く!

両手の人差指で10秒程度押して、特に固い場合は、もう一度押してみると・・・お!「スッとする」感じが得られる!



【太陽】眼精疲労に効果的なツボ

King of 眼のツボ。寝る前にキュッといってみよう!
って、強く押すと気持ちいいけど、ソフトに押すのもなかなかいいみたい。
目を閉じて、両手の親指で10秒くらい押したら、ふわっとして気持ち良いいぞ!寝る前はソフト系がいい感じ

その結果・・・

入眠が改善しつつあり、最近は服薬しなくとも寝つきが良いとのこと。しかし1,2時間で目が覚めて、しかもスッキリしているため、朝まで再び眠ろうか悩んでいて、時間が過ぎてしまうとのことだった。その際には、お渡しした資料をもう一度見返して、さらにツボ押しを行っているという。

特に耳の後ろにある”安眠”穴を押すとじんわり暖かくなってくる感覚がわかる(患者様談)


また、百会と太陽の押し方を確認すると少し場所が違っていたため、再度、取穴方法をお伝え。
少しづつだが患者様のお悩みが改善している。治療だけじゃなくて、こういったセルフケアのアドバイスで、患者様の健康をサポートするのも、私たち訪問はりきゅう師の役割かもしれない!現場では、施術だけではなく、こうしたセルフケアも意識的にお伝えして欲しい。(但し、リスクを伴うものや、無理な姿勢での実施は避けよう!)

では!