腎虚による腰下肢の治療を教科書で確認してみた

どうも、Mr.ハリックです。

訪問先の患者様は
腎虚と思われる
腰下肢症状が多く見られます。

ということで
改めて「腎虚」による腰下肢痛について
教科書をチェックしてみたよ。

腎虚 – Wikipedia

東洋医学臨床論〈はりきゅう編〉
-東洋医学療法学校協会著-

をみると

〝腎は腰と関係があり、膝は肝と関係がある。腎虚になると腰膝のだるさ、無力感、鈍痛が起こる〟
との記載があり

主要症状として
・全身の虚弱症状が著明
・慢性的な腰下肢のだるさ
・無力感
・鈍痛
・疲れると増強し横になると軽減する
・脈沈細弱

とある。

んー納得。。。
訪問で治療を行う患者様の多くに
この様な症状がありますよね。

a82bed7b6a0d738069c3e8a9a885ce1c_s

教科書で示される治療方針は

〝腎を補い、経絡気血の運行を改善する。
主として足太陽、足少陽経穴を取穴し
鍼にて補法を施す〟

ba5d7464720dc276ab0d6ffd35358f1b_s

〝必要に応じて灸を実施する〟

ff84249ae42951b04c4178ed3620ad1b_s

取穴例として

・大腸兪
・環跳
・委中
・腎兪
・太谿

が挙げられています。

個人的には
この取穴であれば
(患者様の状況にもよりますが)

この時期は

・大腸兪→お灸(はり)
・環跳→母指圧迫
・委中→指で揉捏
・腎兪→お灸(はり)
・太谿→はり

を実施しています。

改めて教科書を見てみると
自分の行なっている治療を確認でき
自信になりました。

患者様の治療を自信を持って
継続していきたいと思います。