こんな先生に診てもらいたい!!「わたしの痛み、わかってお願い!」

どうも、Mr.ハリックです。

「訪問はりきゅう上達ラボ」
日々、頑張る治療家のみなさんと情報共有を通して
一緒に上達していこう!という
laboratory (研究所)」です。

対談を通して
現場のリアルな声をお届けするコーナー

「意見交換会議室」

あおぞら鍼灸整骨院 浅田先生
訪問はりきゅう師 Okano先生
対談動画パート2
を、ご紹介しまーーす!!

 

今回は、私の要望で

「浅田先生が
治療を行う上で一番大事にしていること
を聞いてきて!!」

というオーダーをだしていたので

俺得内容となっておりますw

IMG_4859

浅田先生のあげるポイントは2つ

・患者様がどうしたら痛いのか
・患者様がどういう風に痛いのか

(患者様の痛みは自分には)
わからないが、わかろうとする事が大事」
という浅田先生。

患者様に寄り添う姿勢が素敵ですね。

そしてイケメン。

もう完璧。
Okano氏、邪魔(笑)

IMG_4860

浅田先生
「前に戻りたいなっていうのは
あるんですよね。」

「痛いって表現も
言葉が変わっちゃうじゃないですか?
コッチの世界に入っちゃうと。」

「その辺の言葉作りっていうのを
より気をつけてるっていうのを
気をつけるようにしています。」

IMG_4861

患者様を理解しようという想いが
伝わっていますよね。

今回、個人的に学んだことは
治療家的な表現ではなく
〝患者様の言葉〟でお話しをする
ということかな。

どうしても難しくなってしまうから
意識的に、患者様に寄せる言葉を
選んでいくようにしたいな。

浅田先生、今回も勉強になりました!

第3弾も絶賛準備中です。
(もう少し待ってね)

今日の一句
 表現は 患者目線に 意味がある

Mr.ハリック

▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n
【説明会についてはこちら】
▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!

※無断リツイート推奨してます!    

▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   


▼メルマガ登録はこちら