お二人の患者様宅への訪問姿勢が結構違う!必見!対談動画!!

どうも、Mr.ハリックです。

これは、必見。とても参考になりました。

実際に患者様宅に訪問して、はりきゅう治療を行っている

OkanoHiroto先生とH-ISG先生に

普段、患者様宅への訪問をどの様に行っているのか、対談してもらいました!

OkanoHiroto先生
(はり師きゅう師あん摩マッサージ指圧師)

(治療経験10年、訪問は3年)

H-ISG先生
(はり師きゅう師)

(新卒で初めて、現在訪問 2年半)

患者様宅へ伺うところから違いが出ていますね。

Okano先生

「家入る時どうやって入ってる?」

H-ISG先生

「ピンポンします笑」

そこから!?笑 
(サスガです笑)

ただ、この時の患者様の反応や

患者様宅の環境によって

対応は違う様ですね。

Okano先生

「どうやって(患者様対応に)入るの?会話もそうだけど」


H-ISG先生

「あ〜、どうっすか?って聞きます」


Okano先生

俺だったら、今日は暑いっすね。とか外は雨ですよ、とか・・・、どうっすかの前のワンクッションをこっちからこう・・・」


H-ISG先生

「あー、意外とないっすね。あ、今日どうっすか?雨降ってますけど、みたいな感じかな。」


Okano先生

「逆だ。どうっすか?のその中に雨降ってるから調子悪いよね、みたいな?」

H-ISG先生

「そうです!それが多いです。」

治療に入る前の会話から、違いがある様ですね。

Okano先生

「道具とかどのタイミングで出してる?」

H-ISG先生

「私は、全部わっと出して置いておきます。」

H-ISG先生

「違うんですか?」


Okano先生

「違う。」

違いますね〜。

ん〜参考になります。

 

訪問は本当にケースバイケースのことが多いですからね。

こうやって他の先生の普段の訪問の様子を聞くと

とっても参考に なりますね。

 





▼え?まだ1人で悩んでるの?今すぐ相談してみたら?タイミングは…今しかない!


▼さあ、ここがあなたの第一歩

独立・起業・開業支援|Produced by 訪問はりきゅう上達ラボ